カードローンの利用限度額の決め方

カードローンの利用限度額の決め方

大画面が主流になってきたこと

液晶テレビなどがどんどん巨大化していき、大型テレビと言われた40インチ以上のサイズもかなりの低価格で販売されるようになってきました。そして、最近注目しているのはスマホの分野でもディスプレイの大型化が進んでき、5インチを突破したサイズがいくつも出て来たということ。

 

数年前は、大型液晶が使いやすいと言っておきながら、手にフィットする最もベストなサイズは4.5インチと言われていました。手の中にすっぽり入りポケットにも入りやすく、それでいて大画面・ ・ ・そのバランスからいけば、 4.5インチあたりがちょうどお手頃だったのかもしれません。
カードローンを利用してお金を借りる

 

ですが、やはり時代の流れで液晶が大きければ迫力もアップするので、大きい方へと進んでいきます。そして最新型のモデルが発表されると、6インチオーバーがいくつか出てきているのです。 6インチは女の子からすればすでに手一杯であり快適に使えるサイズではないと思うのです。

 

 

 

スマホを両手で持ちながら操作するのは間違っているような気がするのです。そのように使うのであれば、もうちょっと大きいサイズのタブレットというジャンルがあるため、それ以上巨大化するのは意味がないような気がしてきます。

 

今後は男性と女性で最適なサイズというのは、変わってくると思うのです。もしくは手のサイズ別に最適サイズが変わっていったり。自分のフィットするジーンズを選ぶような感覚で、手の大きさとスマホを合わせていく流れになってきても面白いのではないかと思います。

食品の表示の問題。

 

昨年は、ホテルなどで相次いで、メニューや産地の偽装で話題になりました。

 

2007年も食品偽装が相次ぎ今年の漢字に偽という字が選ばれています。

 

こうした食品偽装の問題は、その年によって多い、少ないはありますが、毎年のように問題になっています。こうしたことを受け、各業界で自主規制が始まりました。

 

これは、大変いい流れだと思ったのですが、おふくろの味が40代の男性が作っているからメニュー名を変えると言った必要のない自主規制もありました。

 

何がOKで何がNGなのか詳しく決まってないことによって、このような迷走した事態になりました。

 

こうしたことを受け、消費者庁が外食メニュー表示のガイドラインをまとめました。

 

これで一件落着かと思いきや、この内容が微妙なのです。例を挙げると、回転寿司の人気メニューであるサーモンが、標準和名はニジマスなのにサケと認識され、問題だとされ、ニジマスを表示するように求めた問題です。

 

こんなに認知されているサーモンとサケを混同する人が、日本国民の中に何割いるのでしょうか。

 

その後、業界団体の要望を受け、指針案を見直す結果になったのですからお粗末な話です。

 

役所仕事なので、仕方のないことなのかもしれませんが、発表する前に関連団体と会議などをして調整することが出来なかったんだろうかと呆れてしまいます。

 

確かに偽装は問題ですが、実態に則した対応が求められます。

カードローンの利用限度額の決め方

人はお金がたくさん必要になったり、生活するためのお金が足りなくなってしまった場合など自分が所持しているお金以上の額のお金が必要になった場合は消費者金融などからお金を借りることになります。

 

 

 

そして人がお金を借りるための方法の一つにカードローンというものがあります。

 

カードローンとは金融機関から発行されたカードを使用してあらかじめ定められた限度額まで自由の借りることができるというものです。

 

金額は少ないのですぐに融資をしてくれるので利用しやすいと言えます。

 

 

 

そしてカードローンを利用するにあたって借入れる限度額を決めておく必要があり、このカードローンの利用限度額の決め方は非常に重要であると言えます。

 

なぜならカードローンの利用限度額は人がお金を借りすぎて返済不能になるのを防止する機能があるからです。

 

仮にカードローンの利用限度額が無い場合や大きい金額の場合はどうしても借りすぎてしまいます。

 

これに対してカードローンの利用限度額を少額の範囲に抑えておけば借りすぎてしまうということは無くなります。

 

 

 

そしてカードローンの利用限度額はなるべく必要最小限の額にしておくことが大切であると言えます。

カードローンの審査基準

 

カードローンを利用する際には必ず審査があります。

 

審査があるということは、もちろん落ちることもあるということです。カードローンの審査では、一体どのようなことを基準に、融資可能か不可能かの判断をしているのでしょうか。

 

 

 

カードローンの審査は一般に、金利の低い銀行系のほうが厳しいといわれています。

 

基本的に審査では「返済能力」を判断します。

 

審査基準は企業秘密になっている場合がほとんどですが、まず今までに返済期日に間に合わなかったことがあるなど、信用情報に問題がある、いわゆる「ブラックリストに載っている」と判断された際には、審査に通ることが難しくなります。

 

このあたりは誤解されていることも多いのですが、過去に何度も融資を受けていたとしても、確実に返済することができていれば、そのことが原因で審査に落ちるということはありません。

 

 

 

審査基準には現在の収入の状態、家は持ち家か、といったことも関わってきます。そもそも住所や勤務先、本人確認が何らかの理由でできない場合には審査に通ることはまずありません。

 

いかなる理由があっても虚偽の報告はさらに問題になりますので、申告は正直に行いましょう。

 

審査基準は大抵ポイント制のようになっているので、月々の給与がアルバイトで低いとしても家が持ち家でローンがない、といったように他の部分の条件加算で、審査に通りやすくなる、ということはあります。

ホーム RSS購読